-

f0372145_11294792.jpg

飲み会の後は、りえちゃんのお家が経営してるカラオケへ!
まさかパラグアイでカラオケに行くことになるとは…
皆、日本語の歌沢山知ってる。でも最新の曲より90年代〜00年代前半の、ちょっと古い曲が人気。
日本でもそうだもんな。
私は当たり障りなくスピッツと関ジャニ∞を歌いました。
[PR]
# by nat_tun | 2017-09-19 11:29

-

でも、夢はどっちの言葉で見るのか聞いたら、起きて内容は覚えててもどっちの言葉で会話したかは覚えてないんだと。
頭の中で数を数える時も、どっちの言葉でもなく、固まりというか概念?で考えてるそう。
後、ピラポは色んな県出身の人がいるから若い子の日本語も各地の方言が少しづつ混じってる。
[PR]
# by nat_tun | 2017-09-19 11:22

-

f0372145_11223488.jpg

女の子達は殆ど皆、職業研修で日本に行った事があるらしい。逆に男子は少ないとか。
でも、こうして話してる分には日本語に不自由な感じは全くないんだけど、日本の研修授業では分からない言葉が多くてついていけない事が多かったそう。
やっぱりスペイン語の方が少し得意みたい。
[PR]
# by nat_tun | 2017-09-19 11:22

-

f0372145_1119823.jpg

夜はあっちゃんが街の女の子を集めて飲み会を開いてくれた。
(私が、若い女子と話したいとお願いしました)
りえちゃん、しずちゃん、ゆりちゃん、まゆみちゃん、なるかちゃん。
ゆりちゃんの爪がキレイなスカルプで、14万グアラ(約2,800円)だったと言ってたのを覚えてる。めっちゃ安い。
[PR]
# by nat_tun | 2017-09-19 11:19

-

f0372145_11104684.jpg

川だけど、エンカルナシオンのプラヤサンホセビーチ!
ここはアルゼンチンとの国境で、物価の安いパラグアイ側にアルゼンチン人がバカンスに来るのだけど、人気がありすぎて週末は10kmもない国境の橋を車で渡るのに5時間かかったりするらしい。
チョウさんとはここで分かれ、ピラポに戻る。
[PR]
# by nat_tun | 2017-09-19 11:10

-

その後、べジャビスタのもう1つ隣のオブリガード(ポルトガル語でありがとうの意味だがブラジル移民の街ではないらしい)で
スマホのSIMを買ってもらい(パラグアイでは旅行者はSIMを買えないので現地の人に買ってもらう必要がある)
エンカルナシオンまでドライブ。
[PR]
# by nat_tun | 2017-09-19 11:07

-

f0372145_1103414.jpg

2時からパハリートの工場見学。
マテ茶はアルゼンチンやブラジルでもよく飲まれてるけど、1人辺りの1日の消費量はパラグアイが1番多い。
パラグアイ産のマテ茶は、葉っぱだけじゃなく茎の部分も少し混ぜていいことになっていて、それが深みのある味になるそう。
マテの生産も移民が支えてきた。
[PR]
# by nat_tun | 2017-09-19 11:00

-

f0372145_1159581.jpg

食後に食べに行ったアイス。クルミがめっちゃ入ってて美味しかった。
[PR]
# by nat_tun | 2017-09-18 12:00

-

f0372145_13345363.jpg

べジャビスタはマテ茶の生産地として有名。
Pajarito(パハリート)というメーカーの工場見学に行ったが、午後2時からしかガイドツアーがないというのでピラポに戻ってあっちゃんも合流し、先に昼ご飯。
チーズハンバーグと春巻き!
[PR]
# by nat_tun | 2017-09-16 13:34

-

f0372145_13265459.jpg

アラカワさんとチョウさんが車で迎えに来てくれて、ピラポの隣にあるBella Vistaという街の資料館へ行った。
ここはドイツ系の移住区で、日系移民より古い歴史がある。パラグアイは移民が多く、色んな国の移住区がある。
日本人が来た当初、先輩であるドイツ人に色々教わったらしい。
[PR]
# by nat_tun | 2017-09-16 13:26